音楽データ(MP3)の必要部分だけを切り取ることができるフリーソフトについて(私の忘備録メモ)

音楽や音声データ(MP3)を聞いていると、ある部分だけ聞きたいのに、前の部分がとても長くて困る場合があります。
私が方法を知らないだけかもしれませんが、最初から全部聞いたり、画面上で時間のボタンをスライドさせて聞きたい部分まで移動させる方法を取っていました。時間もかかるし、必要な時間まで移動して聞くのはめんどうです。
そこで必要な部分だけを抜き取って別に音声データにしたいなと思いました。

いろいろ調べてみたら、初心者の私でも簡単でわかりやすいフリーソフトを見つけました。忘れた時のメモ用として記事にしています。

Audio Cutter -Online- http://mp3cut.net/ja/
★フリーソフトウェア・MP3音声データの不要部分をカットし、必要な部分だけ取り出すことができます。 パソコンにソフトをダウンロードせずに、オンライン上で操作できるソフトです。 ただし、ネット上にデータをアップロードして処理しているようなので、重要なデータの場合は利用しない方がよいかもしれません。

audiocutter_p2.jpg
この画面が表示されたら、[Open file] のボタンを押します。

audiocutter_p3.jpg
どの音声ファイルを開くのか[ファイルを開く] の画面が表示されます。
ファイルを選んで[開く] ボタンを押します。

audiocutter_p4.jpg
画面が切り替わり、音声データのファイルが読み込まれます。
読み込まれるまで少し時間がかかります。音声の波形が右の端まで来ると操作ができます。

audiocutter_p5.jpg
 音声の開始部分に矢印を合わせ[青色のボタン] をドラッグして移動させます。
 同じく、音声の終了部分に矢印を合わせ[青色のボタン] をドラッグして移動させます。   
 ドラッグして場所を調整すると音声の開始と終了の場所まで聞こえます。

audiocutter_p6.jpg

切取り部分が決まったら、 [Cut]ボタン を押します。
audiocutter_p7.jpg
切音声データの切り取り処理が終わると画面が変わります。 [Download]ボタン を押すと、出来上がった音声データをダウンロードできます。

audiocutter_p8.jpg
切名前を付けて保存の画面が表示されます。ファイル名を入力して[保存] ボタンを押します。

これで必要な音声データを切り取ることができました。
初心者でも簡単に使え、感覚的に操作できるのがいい点ですね。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
よかったら、ココ↓、ぽちっとしてください。
にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446573924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック